メモ2012-08-19
テーマ:京都検定

京都検定過去問 その83

こんにちは京子です!

今回は京都検定の過去問をお届けします。

写真と解説付きで掲載していますので

是非、問題にチャレンジしてみて下さい


では1問目です。

【問題】

寛文元年(1661)、中国の渡来僧であった隠元隆琦(いんげんりゅうき)が創建し、明代の形式を伝える伽藍をもつ寺院はどこか。

ア.三室戸寺

イ.石峰寺

ウ.海宝寺

エ.萬福寺

答えは↓にスクロールして下さい。


シンキングタイム★

・・・

・・・

・・

では、答えですっ。


萬福寺

【答え】

エ.萬福寺

1654年、20人の弟子を引き連れ

隠元は日本にやって来ました。


その後、徳川4代将軍である家綱の協力により

萬福寺が創建される事となったんですね

ちなみにインゲン豆は

彼が日本に持ち込み広げた食べ物でなんですよ


この他にも普茶料理に欠かせない『胡麻豆腐』も

彼によって持ち込まれたと言われています

※隠元について詳しくは萬福寺の記事をご覧下さい。


では2問目にいってみましょう★


【問題】

紅葉の美しさとともに「みかえり阿弥陀」で有名な寺院はどこか。

ア.永観堂

イ.法然院

ウ.知恩院

エ.金戒光明寺

答えは↓にスクロールして下さい。


シンキングタイム★

・・・

・・・

・・

では、答えですっ。


永観堂

【答え】

ア.永観堂

『みかえり阿弥陀』は顔を左側に向けた姿勢をした立像で

永観堂のご本尊です。


1082年、7代目法主(住職)である永観が

この阿弥陀像に対して行道(ぎょうどう・本尊の周りを歩き礼拝する事)していると

突然・・

阿弥陀像が壇を下りて永観を先導し始めました


驚きのあまり立ち尽くす永観に対し

阿弥陀は左肩越しに振り返り

「・・・永観、遅し」と伝えたと言われています。


この事から

顔を左に向けた姿をしているんですね。


そんな永観堂は

京都東山でも屈指の紅葉の名所として知られています

写真などは永観堂(禅林寺) その1永観堂(禅林寺) その2

掲載していますので

是非ご覧下さい。


続いて3問目ですっ。


【問題】

国宝の本殿が神社建築として最古の遺構であり、境内に名水「桐原水」が沸いている神社はどこか。

ア.宇治上神社

イ.岩清水八幡宮

ウ.清明神社

エ.熊野神社

答えは↓にスクロールして下さい。


シンキングタイム★

・・・

・・・

・・

では、答えですっ。


宇治上神社

【答え】

ア.宇治上神社

世界遺産にも登録されている神社で

本殿は1060年に建てられました。


宇治上神社本殿

現存する神社建築の中では

日本最古だと言われているんですよね


桐原水

境内に沸く『桐原水』は

宇治七名水の中で

唯一現存する大変貴重な湧き水だそうです

※詳しくは宇治上神社の記事をご覧下さい。


では最後の問題です。

1級からの出題になりますので、選択問題ではありません。

スバリでお答えください!!


【問題】

菖蒲の節句発祥の神社といわれ、勝運と馬の神社としても知られる神社はどこか。

答えは↓にスクロールして下さい。


シンキングタイム★

・・・

・・・

・・

では、答えですっ。


藤森神社

【答え】

藤森神社(ふじのもりじんじゃ)

馬とゆかりの深い神社であり

駈馬神事

毎年5月5日には

アクロバティックな馬術を披露する伝統行事

『駈馬神事(かけうましんじ)』が行われています


この他にも

境内には馬にまつわるものも多く

神馬像

神馬像や

絵馬舎

絵馬舎などもあります。


駈馬神事が行われていた事の他に

第二次世界大戦までは、この辺りが軍用地であった事から

勝負事の為に参拝する人が増えた事から

勝運がミックスされ

藤森神社の絵馬

現在は競馬の神様としても信仰されているんですね

※駈馬神事に関しては藤森祭 2012 駈馬神事(藤森神社)をご覧下さい。


という事で今回も4問出題させていただきました。

皆さんは何問正解されましたか?