メモ2012-05-21
テーマ:お寺

興臨院

こんにちは京子です。

今日ご紹介するのは現在、春の特別公開されている

興臨院(こうりんいん)です。

こま札

興臨院は何処にあるのかと言いますと

京都洛北にある大徳寺の中にあります。

大徳寺は広く境内に22の塔頭が存在していて

興臨院もその中の1つなのです


では中に入って行きましょう。

こちらは表門で重要文化財に指定されています。

興臨院の古門と呼ばる表門

興臨院の古門と呼ばれ大徳寺内でも有数の古い門みたいですよ。

唐門

こちらが唐門で唐破風の桧皮葺。室町時代の特徴を良く表し、波型の連子窓(れんじまど)を有しています


ここで興臨院について少しお話したいと思います。

このお寺は能登の守護である畠山義総(はたけやまよしふさ)によって建立され

以後、菩提寺となりました


お寺の名前も畠山義総の

法号『興臨院殿伝翁徳胤大居士』から取られています


こちらが入り口です。

こちらが入り口です。

畠山氏と言えば三管領(さんかんれい)ですよね


三管領とは、細川氏、斯波氏、畠山氏の事を言い、この3つの家から

室町幕府の要職である管領が輩出されていたんですね。

管領とは将軍を補佐する重要なポストなんですよ

そして畠山義総は戦国時代の武将で

能登の畠山氏の全盛を築いた人なんです


そんな彼が建立したお寺ですけれど

なんと創建直後に消失

そして畠山家も没落してしまいます。

その後、前田利家によって

方丈の屋根等が修復され

以後、前田家の菩提寺となりました。


前田利家といえば、加賀百万石の礎を築いた

槍の名手として謳われる人です。

※前田利家について詳しくは来迎院(東山)の記事をご覧下さい。


枯山水のお庭

こちらは方丈前の枯山水のお庭になります。

枯山水とは水を一切使わずに、あたかも水が流れているかのように

造られたお庭の事ですよね


ちなみに写真の山みたいに見えているのは

中国の蓬莱山をイメージしているみたいです。


このお庭は昭和の小堀遠州と言われた

中根金作(なかねきんさく)が作庭したそうです


方丈

こちらは方丈です。

方丈は、禅宗のお寺特有の造りで、部屋が6つに別れています。

真ん中のお部屋を室中の間(しっちゅうのま)といい

こちらにご本尊が安置されているわけですね


通常、真ん中にご本尊が安置されますけれど

大徳寺は開山のお坊さんをとても大事にされる事から

真ん中に小渓紹怤(しょうけいじょうふ(仏智大通(ぶっちだいつう))和尚が安置されています。

ご本尊である釈迦如来は、その左側に安置されています


さらに左側に、前田家、畠山家の位牌もありましたよ。

一際大きかったのが前田利家のご位牌でした。


室内はそれぞれ撮影禁止でしたので

ぜひとも特別公開の期間中に見に行かれてはどうでしょうか


次にご紹介するのは爪塚(つめづか)と琴心塔(ことしんとう)です。

こちらは前住職さんの奥さんが琴の先生であったこともあり

古くなった琴で使う爪や

爪塚

お琴奏者のご粉骨を埋葬してご供養されていたそうですよ。

琴心塔


大徳寺は別名、茶面と呼ばれ

大徳寺の塔頭全てのお寺にお茶室があるんです。

その数なんと47

もちろんこの興臨院にも茶室がありまして

涵虚亭(かんきょてい)と言います。

涵虚亭

現在は使われていないみたいですけれども

涵虚亭には入り口が2つあって利休好みの躙口(にじりぐち)と古田織部が考えた貴人口(きにんぐち)です。


躙口は、頭を下げなければ中に入ることが出来ないというものですよね

貴人口は、身分の高い人などが躙って入るのを申し訳なく思い躙らずに入ることの出来る入り口です。


内部は詳しいご説明をする事が出来ないけれど

少し変わっていて躙口を入ったすぐ右側が床の間で

そのような造りから中は洞窟のように見えるそうです。


そんな春の特別公開が行われている興臨院の場所はコチラ↓


大きな地図で見る

最寄の交通案内

 市バス 12・205系統 大徳寺前(だいとくじまえ)


イベントカレンダー

祇園祭のイベント一覧

京都検定過去問

萩の名所巡り

京の茅の輪巡り

半夏生の名所巡り

一初の名所巡り

山吹の名所巡り

椿の名所巡り

桜の名所巡り

梅の名所巡り

最新コメント

公式ツイッター

マスコットキャラ:京子ちゃん
 マスコットキャラ:京子ちゃん
更新情報を中心に、毎日つぶやきます!是非フォローして下さい。

お問い合わせ窓口