メモ2012-02-27
テーマ:京都検定

京都検定過去問 その42

こんにちは京子です!

本日も京都検定の過去問を解説&写真付きで

ご紹介したいと思います


【問題】

風神雷神図

建仁寺の「風神雷神図」(国宝)は、江戸前期の画家(   )の代表作として知られる。

ア.俵屋宗達(たわらやそうたつ)

イ.長谷川等伯(はせがわとうはく)

ウ.尾形光琳(おがたこうりん)

エ.伊藤若冲(いとうじゃくちゅう)

答えは↓にスクロールして下さい。


シンキングタイム★

・・・



・・・



・・



では、答えですっ。


【答え】

ア.俵屋宗達

江戸時代初期の画家である俵屋宗達。

『風神雷神図』の原本は現在、京都国立博物館にて保管されています。

ちなみに尾形光琳は

この作品を模写した事で有名なんですよ~♪

※詳しくは建仁寺の記事をご覧下さい。


では、次の問題ですっ。


【問題】

妙心寺・法堂

妙心寺法堂(重文)の天井には、狩野探幽(かのうたんゆう)の筆による(   )が描かれている。

ア.虎

イ.鶴

ウ.鳳凰

エ.龍

答えは↓にスクロールして下さい。


シンキングタイム★

・・・



・・・



・・



では、答えですっ。


【答え】

エ.龍

法堂には、8年の年月を費やして描かれた『雲龍図』

大きさは直径12メートルと巨大なもので

八方にらみの龍(どこからみてもこちらを見ているように描かれた龍)が

ド迫力で天井に渦巻いているんですよ~


では、次の問題です!!


【問題】

下鴨神社

下鴨神社の禰宜(ねぎ・神職の一つ)の家に生まれて、『方丈記(ほうじょうき)』、『発心集(ほっしんしゅう)』などを著したのは誰か。

ア.吉田兼好(よしだけんこう)

イ.鴨長明(かものちょうめい)

ウ.橘成季(たちばなのなりすえ)

エ.西行(さいぎょう)

答えは↓にスクロールして下さい。


シンキングタイム★

・・・



・・・



・・



では、答えですっ。


【答え】

イ.鴨長明

三大随筆のひとつ『方丈記』を著した鴨長明は

神官の家系に生まれますが

彼が19歳の時に父親が他界し、親族との争いが起こます。

これが原因で禰宜になる事は出来なかったんですね。

そんな彼が出家し、死ぬ間際に書いた作品と言われているのが『方丈記』です


方丈

方丈の草庵を結び、そこで残した随筆という事から

このタイトルが付いたそうですよ。

※方丈とは・・・1丈四方の事で、1方丈は約四畳半程度の広さ。方とは正方形などの意味です。

詳しくは河合神社の記事をご覧下さい。


では、ラストの問題に行ってみましょう~♪

1級からの出題になりますので、選択肢はありません。

ズバリお答えくださいねっ。


【問題】

豊臣秀吉による京都の都市改造の一つとして造られた土塁は(   )と呼ばれ、軍事的防衛や洪水対策とともに、洛中と洛外を明確化する役割があった。

答えは↓にスクロールして下さい。


シンキングタイム★

・・・



・・・



・・



では、答えですっ。


御土居

【答え】

御土居(おどい)

全長は約22.5kmもあったと推測される土手。


四角形にぐるーっと取り囲まれた形をしていて

この中に二条城や御所が入っていたんですね。

つまり・・・京都の中心がこの土手の中に詰まっているという事なのです!


そして、御土居の中を「洛中」御土居の外を「洛外」と

呼ばれるようになりました

御土居跡は廬山寺などで見る事が出来ますよ~。


という事で本日も4問出題させていただきました♪

みなさんは何問正解されましたか?