メモ2011-12-05
テーマ:お寺
関連:善峯寺 その1 / 桂昌院遠忌法要 2012(善峯寺) / 

善峯寺 その2

さて、本日も紅葉をお届けしたいと思います~

2本立てで行きますよっ

一本目は・・・

善峯寺の山門(仁王門)

善峯寺(よしみねでら)

※『善峰寺』とも書きます。


さて、こちらのお寺は京都洛西(らくさい)に位置するお寺です。

山の中腹に位置するこのお寺。

車やバスで行かれる事をオススメします~っ。

ちなみに、去年の春にも

この善峯寺へ足を運んでいました京子。

善峯寺 その1の記事と併せてご覧いただければと思います

善峯寺のこま札

簡単に善峯寺についてご説明させて頂きますと

歴史は古く平安時代に建てられたお寺ですけれど

応仁の乱によってお堂は焼失。

これを200年の歳月を経て再興したのが

徳川幕府5代将軍『綱吉(つなよし)』の

お母さんである・・・

桂昌院(けいしょういん)です。

※彼女については善峯寺 その1で、詳しくご説明させていただいていますので、そちらをご覧下さい。


弘法大使像(空海)

山門である仁王門も潜ると、弘法大使像(空海)がありました♪後ろの紅葉がステキだったのでパシャリ


では、早速中をご紹介しますね~。

善峯寺の護摩堂

こちらは護摩堂(ごまどう)です。

紅葉をバックに一枚撮影してみました~

そして、この護摩堂前の石段を上がると

遊龍の松

※こちらの写真は去年の4月に訪れた時の写真です。

天然記念物の「遊龍の松(ゆうりゅうのまつ)」があります。

五葉松とも呼ばれるこちらの松の樹齢はなんと600年


全長は約40メートルのながーーーい松で

地上を這うように太い枝が横たわり

まさしく躍動感のあるド迫力の龍のような松の木です


いやー、それにしても・・・

善峯寺の経堂

(・∀・)ノ紅葉がとっても綺麗~、こちらは経堂です。

善峯寺の経堂

別名『えま堂』とも言うそうです。


写真からは分かりにくいかもしれませんけれど

この善峯寺は山の中腹に位置するお寺。

広い境内の上まで登れば・・・

ばっちりと京都市内を一望出来るんですよね~

空気がとってもおいしーーーー!


このロケーション最高ですっ。

そりゃ、こんなステキなところに連れてこられちゃったら

カップルでパチリと写真を撮っちゃいますよね~。


あたりの山々も色を変え、季節の移り変わりを感じる事が出来ます。

ここから眺める景色は

洛西屈指の美しさと言えるでしょう~


桂昌院のお墓

こちらが、再興した桂昌院のお墓になります。

善峯寺の紅葉

写真を見て分かるように、現在見ごろ。善峯寺に咲いているのはノムラモミジ、ヤマモミジと呼ばれるものだそうです。

法親王廟の石碑

この長い参道を通れば宮内庁管轄である「法親王廟(ほうしんのうびょう)」へと行く事が出来ます。尊道(そんどう)法親王、慈道(じどう)法親王、などのお墓があるんですよ。

善峯寺の阿弥陀堂

こちらは阿弥陀堂です。


まだまだ、ご紹介しきれない程

沢山のお堂や見所があります。

これ以外の情報に関しては善峯寺 その1にて解説していますので

是非、参考にしてみてくださいね


という事で

広さにして、10万平方メートル。

野球場が二つ以上入っちゃうほどの大きさである

回遊式庭園が魅力で


沢山のお堂を見て歩きながら

一緒に京都市内を一望できる絶好のロケーションを

兼ね備えた善峯寺の場所はコチラ↓


大きな地図で見る

最寄の交通案内

 阪急バス 66番 善峯寺(よしみねでら)

1 ■まだまだ

山の中腹にあるのにまだまだ見頃なんですねー

見上げれば枝の黄色と、足下の紅い散りもみじのコントラストがいい感じ(^O^)


ほたてこはくさん 2011-12-05 23:41:05

2 ■Re:まだまだ

>ほたてこはくさん
全体的に紅葉が遅れているのに加えて、
南の方なのでまだまだ見頃なのかも知れませんね♪

もみじの絨毯もまた美しいですよねヘ(゚∀゚*)ノ

京子 2011-12-06 19:30:47


イベントカレンダー

祇園祭のイベント一覧

京都検定過去問

萩の名所巡り

京の茅の輪巡り

半夏生の名所巡り

一初の名所巡り

山吹の名所巡り

椿の名所巡り

桜の名所巡り

梅の名所巡り

最新コメント

公式ツイッター

マスコットキャラ:京子ちゃん
 マスコットキャラ:京子ちゃん
更新情報を中心に、毎日つぶやきます!是非フォローして下さい。

お問い合わせ窓口