メモ2011-11-29
テーマ:お寺
関連:永観堂(禅林寺) その1 / 

永観堂(禅林寺) その2

こんにちは京子です。

絶賛紅葉中~と、いう事で

本日も2本立てでお送りしています。


1本目が法然院 その3をお届けしましたけれど

さて、2本目はドコかと言いますと

京都で屈指の紅葉の名所として名高い・・・


石碑

永観堂(えいかんどう)です。


場所は京都の東山と呼ばれるエリアに位置しています。

そんな今日は

『紅葉の永観堂』と言われる程の

美しい紅葉を本日はみなさんにとことん

見ていただきたいと思います~


ちなみに京子は

去年も紅葉の時期に永観堂へ足を運んでいますので

そちらの記事も併せてご覧いただければと思います。

永観堂(禅林寺) その1


ではでは早速

2011年、紅葉の永観堂を収めた

渾身のショットがコチラっ。

どどん


永観堂の紅葉


Oh~!

Beautuful Japanese Maple


・・・なんで英語なのかはツッコまないで下さい(汗)


(・∀・)ノどーですか、この紅葉

キラキラ色鮮やかな赤が目に眩しい!!!

あ・・・


テンションが少しおかしくなっちゃいましたけれど

とにかく最高にすばらしい紅葉です


永観堂の紅葉

ちなみに、永観堂とは通称であり

正式名称を

「聖衆来迎山 無量寿院 禅林寺」(しょうじゅらいごうさん むりょうじゅいん ぜんりんじ)

と、言います。


永観堂と呼ばれるようになった理由は

7代目法主(住職)である

永観(ようかん)というお坊さんが起源となっているんですね。


からもん

唐門(からもん)はかつて勅使門として使用されていました。現在は閉じられています。


浴室

こちらは浴室です。当時や今の浴室と違い、サウナのようなものでした。この事から温室(うんしつ)とも呼ばれていたんですよ。


銀杏と紅葉

黄色の銀杏と赤のもみじのコントラストがたまりません~っ。


そして、この永観堂で有名な

ご本尊が『みかえり阿弥陀』です。


体は正面に向けて

顔を左側に向けたとっても変わった立ち姿の阿弥陀像


もちろん、一般に公開されていますけれど

写真撮影は禁止!という事で

是非、直接足を運んで実物をご覧になって下さい


参道

参道の両脇にも綺麗に紅葉のアーチが出来ていました。


中庭

お堂の中庭の様子。現在が丁度見ごろです。


ちなみに、この『みかえり阿弥陀』は

なにも最初から

振り返っていたワケではありません。


そうです。

・・・それには理由があったんですね


どうして

阿弥陀像が振り返っているのかと言いますと

先ほどの7代目住職である

永観というお坊さんが関係しているのです


庭の紅葉

お庭の様子もパシャリ。


庭の紅葉

枯山水の手水鉢、そして紅葉。お堂から見るお庭は心が落ち着きます。


阿弥陀堂前の紅葉

阿弥陀堂前の紅葉です。お堂の周りを紅葉が取り囲んでしますね~。


阿弥陀堂前の紅葉

階段からの一枚。奥にあるのが阿弥陀堂です。参拝者の方も多かったですよ。


お寺の伝承によりますと

その昔、永観が住職をしていた50歳の頃。


早朝、阿弥陀堂で修行をしていた永観は

阿弥陀像の周りを念仏して行道していたそうです。


すると、突然・・


阿弥陀像が壇を下り永観を先導し行道を始めちゃったのです


えぇ動いちゃうんだ・・・阿弥陀像。

とお思いの方、その通りです。


びっくりして、立ち尽くす永観。


そりゃそうです。

さすがにお坊さんも驚くでしょう。


そして、この時

阿弥陀は左肩越しに振り返り

こう言いました。



「・・・永観、遅し」

永観のいる方向へと振り返り、少し口を開いた阿弥陀像・・


それが現在の『みかえり阿弥陀』の

お姿になったという事です♪


お堂と紅葉

高い位置から撮影。このショット、けっこう気に入ってます(自画自賛・笑)


多宝塔

向こうに見えるのは多宝塔ですね。


という事で、今回はたっぷりと

写真を掲載させていただきました

お堂と紅葉

ほら・・・行ってみたくなりませんか?


ちなみに

11月30日までは、夜間のライトアップもしていますよ。

是非、ご家族・友人・恋人を連れて

永観堂へレッツゴー


あ・・・ちなみに京子は


永観堂の回し者じゃございませんのであしからず~

そんな永観堂の場所はコチラ↓


大きな地図で見る

最寄の交通案内

 市バス 5系統 南禅寺・永観堂道(なんぜんじ・えいかんどうみち)

1 ■やはり鉄板!

やはり永観堂は鉄板ですよね~
去年行ったので今年は敢えて避けて、金閣寺、竜安寺、仁和寺に行ってきました。
どちらも絶対的なエースが居るので紅葉の名所としてはあまり紹介されないみたいですけど、案外良かったですよ^^
24日~26日の3日間の滞在でしたが、そちら方面が一番見頃だった気がします。

のらさん 2011-11-29 20:47:26

2 ■さすが!

もみじの永観堂。言葉に違わぬ美しさです!

銀杏ともみじの見事なコントラストに言葉がありません!

多宝塔のショット。自分も全く同じアングルで撮りました(笑)

あとは池より流れでる小川辺りから多宝塔を望む位置が、紅葉具合・多宝塔・池にも映る、といった好アングルだったと思いますが。

ほたてこはくさん 2011-11-29 23:43:16

3 ■Re:やはり鉄板!

>のらさん
はい♪鉄板だと思います(笑

今年は避けられたのですね、
私も来年巡る順を今から考えなくっちゃo(^▽^)o

京子 2011-11-30 19:41:50

4 ■Re:さすが!

>ほたてこはくさん
!!同じアングルなんですね~♪
何気なく意識が引かれた場所が、あのアングルでしたγ(▽´ )ツヾ( `▽)ゞ

小川の橋の上から撮れる場所も、絶好の場所ですよね。

京子 2011-11-30 19:47:49


イベントカレンダー

祇園祭のイベント一覧

京都検定過去問

萩の名所巡り

京の茅の輪巡り

半夏生の名所巡り

一初の名所巡り

山吹の名所巡り

椿の名所巡り

桜の名所巡り

梅の名所巡り

最新コメント

公式ツイッター

マスコットキャラ:京子ちゃん
 マスコットキャラ:京子ちゃん
更新情報を中心に、毎日つぶやきます!是非フォローして下さい。

お問い合わせ窓口