メモ2011-10-18
テーマ:史跡

白河天皇陵(成菩提院陵)

こんにちは京子です。

本日、ご紹介する神社は伏見にあります

天皇のお墓である・・・

白河天皇稜(成菩提院陵)

白河天皇陵(成菩提院陵・じょうぼだいいんのみささぎ)です。


さて、この白河天皇は歴代の天皇の中でも

なかなかのキレものであり、とってもビッグな方なんですね。

(・∀・)ノでは、時代背景と一緒に見て行きましょう♪


白河天皇稜(成菩提院陵)

天皇稜なので、もちろん宮内庁の管轄です。


時は平安時代。

まずは、白河天皇のお父さんである

後三条天皇(ごさんじょうてんのう)のお話を

少ししたいと思います。


この時代、藤原氏は次々と自分達の娘を天皇のお嫁さんにさせて

自分達は外祖父(がいそふ・母方のおじいちゃん)として

藤原氏の息のかかった孫を育てあげては、天皇にしていたんです。


つまり・・・藤原氏全盛の時代だったんですね。

※10円玉でおなじみの平等院などもこの時代に立てられたものです。


そんな中、ついに藤原氏を外祖父に持たない

後三条天皇が即位する事となりました。

※前任の後冷泉天皇と奥さん(藤原氏の娘)の間に息子が生まれなかったからなんですね。


という事で、力を持ちすぎていた藤原氏を

排除する動きに後三条天皇は出ちゃいます!


それが・・・


延久の荘園整理令(えんきゅうのしょうえんせいりれい)。

この時代、荘園を有力豪族や公家らへ寄進する事が

横行していました。


この事が、朝廷の税収が思うように上がらない原因にも

なっていました。

これを把握すべく、後三条天皇が本格的に荘園整理令を出し

「朝廷が許可した荘園しか認めません!それ以外は没収します!」

と、ルールを厳しくし税収アップへと繋げました。


白河天皇稜(成菩提院陵)

こちらは正面。これより先は残念ながら入る事は出来ませんでした。


そして、その後三条天皇の息子が

(・∀・)ノ白河天皇です。


これからは藤原氏の介入を防ぎ、天皇家の力を強くする為

新しいシステムを導入するんですね。


・・・それが院政(いんせい)です。


天皇という立場だと周りの目もあるし、

やらなきゃいけない事も多いし面倒なので

早々に息子に天皇を任せ(任せたのは当時8歳の息子・堀河天皇です)

上皇として、後ろで天皇を操るようになります。

白河天皇は城南宮に離宮を建て、ここで政治を取り仕切る事となりました。

※城南宮については、城南宮 その1城南宮 その2をご覧下さい。


これまで藤原氏は力を持つ為に

天皇の側近(摂政・関白)になったり

おじいちゃんになったりして、天皇の許可を得ていたのに対して

院政を行えば

自分の息子を操る事なんて、いともたやすい事ですよね。


こうして白河天皇は48年間もの間、院政を行う事となります。

それに加え、父親同様に荘園整理に力を入れ

朝廷の強化に成功しました


そして、白河天皇は権力者としてその名を轟かせるのです!


ちなみに、来年の大河の主人公『平清盛』の本当の父親は

この白河天皇と言われているんですよね♪


白河天皇稜(成菩提院陵)

白河天皇成菩提院陵と書かれています。


そんな白河天皇は、当時すごいお寺を京都に建てたと言われています。

それが・・・

法勝寺(ほっしょうじ)です!


ん?そんな名前のお寺あったっけ??と思った方々。

はい、今は無いんですね。

平安時代から室町時代まであったこの法勝寺。


境内にどどんと建っていたと言われているのが

全長80メートルの・・・・


(・∀・)ノ八角九重搭なんです.。

ちなみに東寺の五重塔が約55メートルですから

建設当時は、おそらく日本で一番高い建物だったでしょう。


つまりそれだけ、白河天皇は

「俺には力があるんだぞー!」と誇示し

そのシンボル・象徴として

京の都に建てたのが八角九重搭であり、法勝寺なのだったと思われます。

※以後、代々の天皇は『勝』のつく寺を建てたんですね。これを六勝寺と言います。


うーん、こうして改めて書いてみても

白河天皇ってすんごい人物だなぁと思いますね。


そんな白河天皇のお墓である白河天皇陵(成菩提院陵)の場所はコチラ↓


大きな地図で見る

最寄の交通案内

 京都市営地下鉄 烏丸線 竹田駅(たけだえき)
 近鉄電車 京都線 竹田駅(たけだえき)