メモ2011-10-17
テーマ:神社

田中神社

こんにちは京子です。

本日、ご紹介する神社は伏見にあります・・・

田中神社

田中神社(たなかじんじゃ)です。


京都には同名の神社が他にも2つありますけれど

今回は、京都伏見の下鳥羽にあります田中神社を

ご紹介したいと思います♪


田中神社

一番最初の鳥居です。これをくぐり50~70メートルほど歩くと本殿が見えてきます。


田中神社

さて

創建されたのは、いつかと言いますと・・・

時は、平安時代。


祇園感神院(ぎおんかんしんいん)、現在の八坂神社より

勧請され創建されました。


当初は

『牛頭天王田中神社(ごずてんのうたなかじんじゃ)』と呼ばれていたんですね。

牛頭天王とは祇園感神院に祀られていた神様です。


その神様を勧請され(分けてもらい)建てられたのが

牛頭天王田中神社(現・田中神社)という事です。

※牛頭天王に関しては祇園小石の記事をご覧下さい。


田中神社

牛頭水(ごずすい)と呼ばれる御神水です。


平安時代に建てられた田中神社ですけれど

戦国時代に、洪水のために南に向かって流されちゃったんですね。


せっかく建てたのに・・・と思いきや

なーんと流された社殿は

まったくの無傷で現在地(すこし南)に漂着し

村の人も大喜びしたなんて言われています。


田中神社

こちらは拝殿です。1996年に再建されたという事で

とても綺麗でしたよ♪


さて、祭神は?と言いますと

素戔嗚尊(すさのおのみこと)と櫛稲田姫命(くしいなだひめのみこと)

そして、八柱御子神(やはしらのみこがみ)の3人です。


素戔嗚尊や櫛稲田姫命は夫婦であり、その子供が八柱御子神なんですよね~。

※詳しくは貴船祭 2010(貴船神社)の記事をご覧下さい。


ちなみに素戔嗚尊は

牛頭天王と同一視されている神様です。


田中神社

石碑には七福神が描かれていましたよ。


田中神社

狛犬もいました。


田中神社

口はもちろん阿吽の形をしていますね。


もうひとつ、田中神社は

競馬ファンが参拝する神社としても知られています。


田中神社のある伏見には『京都競馬場』や

同じく馬にゆかりのある『藤森神社』もあるんですよね。


田中神社

絵馬には馬九行久(うまくいく)という字と馬のイラストがあしらわれています。


そして拝殿前には・・・

田中神社

どん♪


田中神社

どどんっ♪


と、二体の馬の木像が鎮座しています。


高さは1.5メートルほどでしょうか。

ちなみに一枚目がメス、二枚目がオスのお馬さんだそうです。


拝殿前にあった樹齢200年の大木を削り作られたんですよ。


オスのお馬さんは前足を跳ね上げ、荒々しいポーズをしています♪

田中神社

もうひとつ、田中神社の境内に立つのは


北向虫八幡宮です。


平安時代後期、冷泉天皇が若かりし頃に

癇の虫(夜泣き・かんしゃく・ひきつけなど赤ちゃんの症状)が

ひどかった為に、母親の藤原安子が、北向虫八幡宮に祈願したところ

無事に治った事から、夜泣き・癇の虫封じの神様として拝められました。


田中神社

アップでもう一枚どうぞ♪


この事から今も、夜泣きや癇の虫封じにご利益があると言われています。

名前に『北向』という言葉が入っているのは

藤原安子のお父さんである藤原師輔(ふじわらのもろすけ)が

新しく社を建て直した際に

「御所を守護するように!」という理由で御所のある方向(北向き)に

建てたんですね。


現在の北向虫八幡宮は

1872年に移築されたもので(以前は少し西にあったそうです)

その名前の通り『北向き』に建てられているんです♪


そんな田中神社の場所はコチラ↓


大きな地図で見る

最寄の交通案内

 市バス 20系統 府道横大路(ふどうよこおおじ)


イベントカレンダー

祇園祭のイベント一覧

京都検定過去問

萩の名所巡り

京の茅の輪巡り

半夏生の名所巡り

一初の名所巡り

山吹の名所巡り

椿の名所巡り

桜の名所巡り

梅の名所巡り

最新コメント

公式ツイッター

マスコットキャラ:京子ちゃん
 マスコットキャラ:京子ちゃん
更新情報を中心に、毎日つぶやきます!是非フォローして下さい。

お問い合わせ窓口