メモ2011-09-22
テーマ:京都検定

京都検定過去問 その7

こんにちは京子です。

本日は、京都検定過去問を取り上げ

写真付きで解説して行きたいと思います♪


もう・・・恒例ですよねっ。

では、早速行ってみましょー(・∀・)ノ


【問題】

5月15日、勅使(ちょくし)や斎王代(さいおうだい)などの葵祭(あおいまつり)の行列が出発するのはどこか。

ア.上賀茂神社(かみがもじんじゃ)

イ.京都府庁(きょうとふちょう)

ウ.下鴨神社(しもがもじんじゃ)

エ.京都御所(きょうとごしょ)


答えは↓にスクロールして下さい。

シンキングタイム★

・・・



・・・



・・



では、答えですっ。


【答え】

エ.京都御所

京都御所

はい、幕末まで皇居であった場所ですね♪


さて。問題を解説していきましょう。

葵祭

葵祭は『京都三大祭』のひとつであり、伝統あるお祭りです。


平安時代から続く、日本最古のお祭りなんですね。

例えば・・・『祇園祭』が庶民の祭りだとすれば

この、『葵祭』は朝廷のお祭りと言えるでしょう。

現在でも、平安装束に身を包んだ総勢500名以上の雅な

方々が勢揃いする京都ならではのお祭りです。


問題に出てくる勅使というのは

天皇の使者という役職であり

源氏物語の中では、あの光源氏が

この勅使を務めている姿が描かれているんですよ


そして、こちらが斎王代です。

葵祭のヒロインと言えます♪

かつては皇室から、斎王代は選ばれていました。


もちろん現在は

毎年、京都にゆかりのある一般女性が選ばれています。

葵祭を彩る牛車や、勅使、牛馬などの大行列が

いたるところに「葵の葉」を飾りつけ練り歩きます。

※どうして葵祭と呼ばれるようになったのかは、神馬堂の記事をご覧下さい。


行列がどういったルートを通るのかと言うと

京都御所を出発し

下鴨神社を経由、最後に上賀茂神社へと向かうんですね。


それぞれの場所で、儀式などが行われます。

このルートからも分かるように葵祭は

賀茂神社(上賀茂神社と下鴨神社)により行わる

お祭りであり

5月15日に行われる葵祭より以前には

それぞれの神社ではこんな神事も行われます。


5月3日、下鴨神社にて『流鏑馬神事(やぶさめしんじ)』


そして

5月5日、上賀茂神社にて『賀茂競馬(かもくらべうま)』


2つの神社で、それぞれこのような神事が行われているんですね。

以下の記事も是非参考にしてみて下さい。


葵祭 2011(賀茂祭)

賀茂競馬 2011(上賀茂神社)

流鏑馬神事 2011(下鴨神社)