メモ2010-07-18
テーマ:祭り・イベント
関連:八坂神社 / をけら詣り 2010(八坂神社) / をけら詣り 2011(八坂神社) / かるた始め式 2012(八坂神社) / 御神楽奉納 2012(八坂神社) / 白朮祭 2013(八坂神社) / 初能奉納 2013(八坂神社) / 草鹿式奉納 / 祗園神水 / 

祇園祭 役行者山(八坂神社)

修験道(しゅげんどう)の開祖

役行者・小角(おづぬ)が

一言主神(ひとことぬしのかみ)を使って葛城山と大峰山の間に石橋をかけた

祇園祭の役行者山

伝説に由来する役行者山(えんのぎょうじゃやま)です。

役行者山

御神体は、

役行者と一言主神かと思いきや

+葛城の神も祀られているそうなんです

あれれ

大峰に神様はいないの~

役行者山の会所にあった瓦

瓦その1


修験道とは

山に籠もって厳しぃ~修行をつみ

験(しるし:一種の霊力?)を身につけることなんだそうですね。

その力を得た人を、「修験者(しゅげんじゃ)」や

「山伏(やまぶし)」と言うそうで、京子も聞いたことがありました

役行者山の会所にある蔵

会所の蔵


そんな役行者は

「鬼使いの秘術」を有していたそうなんですよーっ

役行者山の会所にあった瓦その2

瓦その2


そこで、役行者は

山と山との間に石橋を架けるように

鬼たちに命じたそうですが

役行者山の見送り

見送

金地唐美人園遊図の綴錦

1982年から新調復元 戸田与謝の作


なんとこの鬼たち

昼のうちは何もせず、夜だけ働き

一向にはかどりませんでした>

役行者山の御神体

三体の御神体

左:一言主神(ひとことぬしのかみ)

中央:神変大菩薩(役行者)

右:葛城神(かつらぎのかみ)


それに絶えかねた役行者は、鬼たちに理由を聴いてみます

すると、鬼たちは

「一言主神にさぁ、指導さぁ、してもらっているんだけどさぁ

自分の姿がさ、醜いからさ、夜だけしか出てきたくないんだって~」

ナンダッテー

それを聞いた役行者は怒って

一言主神を葛城の谷へ呪縛します。

その呪縛は、今でも解かれないままなんだそうです

役行者山の水引

水引:綴錦の名手である西山勘七作の唐子遊図(からこあそびのず)綴錦 江戸時代中期のもの

前懸:牡丹胡蝶図(ぼたんこちょうず)と雲龍文様との3枚継ぎの綴錦 1997(平成9)年に復元新調

※岩に牡丹・蝶、左右に波濤飛龍が描かれている


その伝説が、

役行者山の基になっているんですね~

役行者山にあった懸装品

そんな役行者山の場所はコチラ↓

大きな地図で見る

最寄の交通案内

 京阪電車 京阪本線 祇園四条(ぎおんしじょう)

1 ■無題

私は戸田与謝の孫です。
10年以上、祖父の作品を見てなかったので嬉しかったです。ありがとうございます。
ちなみに私の母も東京出身です。

ののさん 2012-07-14 23:20:58

2 ■Re:無題

>ののさん
こちらこそコメント有難うございます♪
作品が祇園祭りの見送に使われているなんて凄いですね♪

いつか実物を見に行けるといいですね♪

京子 2012-07-15 17:41:53