メモ2010-07-18
テーマ:祭り・イベント
関連:山鉾一覧 / 

祇園祭 黒主山(八坂神社)

黒主山(くろぬしやま)

祇園祭の黒主山

謡曲「志賀」にちなんで、

大伴黒主(おおとものくろぬし)が

桜の花を仰ぎ眺めている姿なんですよ

黒主山

大伴黒主は、

紀貫之(きのつらゆき)が、「古今和歌集仮名序」において


「近き世にその名きこえたる人」として挙げられた歌人の中の一人で

あの小野小町(おののこまち)との歌争いなどで有名なんだそうで~す

黒主山の御神体

御神体


白髪の髷(まげ)に長い髭(ひげ)の大友黒主(おおとものくろぬし)が杖をつき、

桜を見上げています。

六歌仙の歌人の銘が入っているんだそうですよ。

奥は見送「唐子喜遊図(からこきゆうず)」綴錦

見送は2種類が隔年交替で用いられ、

もう一つは「牡丹双鳳凰文図(ぼたんそうほうおうもんず)」綴錦

黒主山のこま札

昔の山には

「雰囲気」を盛り上げるために

真松や山籠の他に、「添山(そえやま)」という一種の飾りつけのかな

を飾る場合が多かったそうで、

この黒主山もその名残りとして「桜の木」が立てられているんだそうですよ

黒主山の前掛

前掛

復元新調された五爪龍文錦織(ごつめりゅうもんにしき)1990年

以前の前掛は中国・明の皇帝、

萬歴帝(ばんれきてい)が即位の時に着用した服と伝えられてます。


祇園祭でこの様に祀られる黒主も

所変わって

「歌舞伎」などでは、天下を狙う大悪人

とされてるんだとか。

えーっ!

大 悪 人 

だなんて

でもでも、実際は「近江・志賀の里」の歌人だったそうなので一安心ですね

黒主山の懸装品

黒主山、装飾品の数々


山に飾る桜の造花は、

かつては町内でつくっていたもので、

粽(ちまき)と同様に 戸口に挿すと悪事が入ってこないといわれてるそうですよ

黒主山の金幣

金色の御幣


他には

クマザサで生麩を包んだ食べられるちまきや、

黒いあぶらとり紙など黒主グッズも人気が高いんだそうです

私も粽を食べてみた~いです(笑


そんな黒主山の場所はコチラ↓

大きな地図で見る


イベントカレンダー

祇園祭のイベント一覧

京都検定過去問

萩の名所巡り

京の茅の輪巡り

半夏生の名所巡り

一初の名所巡り

山吹の名所巡り

椿の名所巡り

桜の名所巡り

梅の名所巡り

最新コメント

公式ツイッター

マスコットキャラ:京子ちゃん
 マスコットキャラ:京子ちゃん
更新情報を中心に、毎日つぶやきます!是非フォローして下さい。

お問い合わせ窓口