メモ2010-03-24
テーマ:お寺
関連:詩仙堂 その2 / 詩仙堂 その3 / 

詩仙堂 その1

まだ寒い日が続く京都です…

最近雨も多いしー風もつよーーいし…(^▽^;)

ちょっとイヤになっちゃいますねぇ


そんな訳で今回は

そんなイヤな気分を払拭する空間

そういう場所行ってまいりました


その場所とは

詩仙堂

「詩仙堂」でございます


今はこの「詩仙堂」という名前で呼ばれているんですけど、

正しくは「凹凸窠(おうとつか)」と呼ばれるもので、

この詩仙堂はその一室なんだそうです

この凹凸窠(おうとつか)というのは

でこぼこした土地に建てた住居の事を指す言葉だそうです


詩仙堂の内部

詩仙堂は徳川家の家臣だった

石川丈山が隠居場所として創ったそうで、

この「詩仙堂」という名前は

中国の漢晋唐宋の詩家36人の肖像を

江戸時代を代表する絵師

狩野探幽に描かせ、石川丈山自らが

図上に各詩人の詩を書き四方の壁に掲げた

「詩仙の間」を中心としていることから

この詩仙堂という名前になったそうなんですよ~

詩仙の間の中は撮影禁止ということで

その肖像画の写真を撮れなかったんです


パンフレットによると、この石川丈山という人なんですけど

譜代の臣…

つまり、譜代大名だったってことかな

譜代大名といえば、関ヶ原の戦い以前からの家臣ってことですよね?

他に親藩、外様っていうのがあったと教科書で勉強した記憶があるような…

それにしても、この方

大阪夏の陣が終わったとたんに徳川家を離れちゃってるんです…

あっ!大阪夏の陣っていうのは徳川さんが豊臣さんをイジメた戦いです

→詳しくは豊国神社記事へ

それにしても…なぜ??

どーして石川丈山は武士をやめちゃったのでしょう!?

う~ん…謎です…


そしてそしてこの詩仙堂の目玉と言えるこの景色をご覧あれ


詩仙の間

「詩仙の間」の隣にあるお部屋からの風景ですー

この空間に踏み入れた瞬間

「全ての心の邪念」が吹き飛んでしまうんです

この建物独特の甘くあったかい木の香り…

はぁ…

これこそ究極の「和」の空間

わたしは本気でそう思います


詩仙の間

はぁ~心が洗われる…

ずっとここに座っていたいなぁ…

まったり京子の極地です~~

っとそんな事を考えながら思い腰を上げてっと

次は素晴らしい庭園をお散歩だーい


詩仙堂の庭園までの道中

まるで昔にタイムスリップしたかのような

そんな庭園までの道中…

雨もまさにこの場所ではうっとうしいものなんかじゃなくて

風情を彩る1つになっちゃいますね~~


詩仙堂の庭園

おぉぉ~~~~~

もう完全に別世界です…

静寂と「和」の芸術


詩仙堂の残月軒

庭園を進んでいくと見えるのが

この残月軒という茶室ですっ

ほんと庭園も素晴らしくて、ずっと見入っちゃいました


あっ作った庭は、ここだけじゃなく東本願寺にもあるらしいんですっ

東本願寺に行った時は詳しくレポートしますね~


とにかく詩仙堂は疲れなんか全部吹っ飛んじゃう

そんな癒しの空間なんですっ


機会があればぜひぜひ!詩仙堂に立ち寄ってみてください!

今回訪れた詩仙堂の場所はこちら↓


大きな地図で見る

最寄の交通案内

 市バス 5・北8系統 一乗寺下り松町(いちじょうじさがりまつちょう)

1 ■わあ~

5月下旬に詩仙堂へ行きます。
さつきはまだ咲いていますか?
ずっと行きたかった詩仙堂!
京子さんのブログで益々興味が・・・わくわくしています^^

ゆずちゃんさん 2015-04-10 18:53:36

2 ■Re:わあ~

>ゆずちゃんさん
コメントありがとうございます(^o^*)/

5月下旬と言えば、例年通りなら
詩仙堂のサツキは身頃です!

詩仙堂のサツキはとっても人気なので
訪れる際には、早い時間がオススメですよ~♪

京子 2015-04-12 04:36:21