こんにちは京子です!

今回ご紹介するのは

9月8日に上賀茂神社で行われた・・・

烏相撲内取式

烏相撲内取式(からすずもううちとりしき)です

翌日9月9日に行われる『烏相撲』の

予行演習・段取りの確認を行う行事です。


まず烏相撲についてご説明しますと

9月9日、上賀茂神社にて

重陽節句(ちょうようのせっく・五節句の1つ)の後に

行われる神事で

刀禰(とね)が烏(からす)の鳴き真似をしたり

童子(小学生)が細殿の前で相撲の取組を行います。

平安時代から続く、歴史ある神事で

京都市無形登録文化財にも指定されているんですよ


では早速レポートしたいと思います

20時に上賀茂神社へ到着した京子。

まずは童子達を中心に、神事に携わる行司などが

境内を流れる『ならの小川』側に建つ土舎(つちのや)に集まります


お祓い

ここで神職の方によるお祓いを受けた後

二礼二拍手一礼

本殿前へ移動し、二礼二拍手一礼します。


この後

細殿(ほそどの)前にある土俵へと向かいます


土俵の両脇に

西の禰宜方(ねぎかた)と

東の祝方(ほうりかた)に分かれて、童子達は着席します

烏跳び

次に禰宜方・祝方の両方から『刀禰』が1人ずつ出て

『烏跳び』が行われます。


それぞれ左右にある幄舎(あくしゃ・幕で覆われた小屋)に

烏跳び(横飛び)をしながら移動し

中に入っている弓矢・太刀・扇・円座を何度か往復して持ち出し

立砂の前へ立てかけます


烏跳びの様子を動画でどうぞ。


これは、それぞれの必勝を祈願する意味があるんですね。

刀禰

その後、座布団に座り

扇を使い『カーカーカー』と烏の鳴き真似をします

とてもユニークですよね~。


立砂を回る童子

次に童子達を引きつれ、立砂の周りを回ります

※禰宜方は左回り、祝方は右回りで3周します。


八咫烏

ちなみに

上賀茂神社と烏との結び付きについてお話すると

祭神の賀茂建角身命(かもたけつぬみのみこと)のおじいさんにあたる

賀茂建角身命(かもたけつぬみのみこと・下鴨神社の祭神)が

神武東征(じんむとうせい・神武天皇が九州から近畿に東征し、大和を統一した話)に際して

八咫烏(やたがらす)となって

先導したという故事に基づいているんですね

※この他にも、上賀茂神社の周辺の賀茂の住人は『烏族』と呼ばれていたそうです。


そして

烏跳びが終わると、いよいよ・・・

童子達の『烏相撲』が始まります

今回、参加している子供達は全部で18人という事で

低学年から順番に9組の取組が行われます。


烏相撲

ふんどしに赤布が付いている方が祢宜方(西)なんです。

子供達のご両親も応援に来られているようで

勝負が決まる度に歓声が上がります


1巡した後、東西の童子を数人、入れ替えます

こうして両チームのバランスをとるんですね。


そして2巡目の取り組みを行い

最後の3巡目は勝ち抜き戦(3回勝てば終了)を行いました

こうして無事に本日の予行演習は終了です。


集合写真のリハーサル

最後に明日の集合写真のリハーサルをしていました。


ちなみに明日の本番は

細殿から斎王代が見守る中、行われますよ。


そんな烏相撲内取式が行われた上賀茂神社の場所はコチラ↓


大きな地図で見る

タイトル
コメント
※必須項目です。
コメントに関する注意点
※個人や特定の団体に対する誹謗中傷は、削除させていただく場合がございます。ご了承下さい。
※記事と関係の無いコメントに関しても削除する場合があります。
※投稿後は編集や削除ができません。

画像認証
※必須項目です。

※上の画像で表示されている文字を入力してください。

ニックネーム
ブログURL
※ブログをお持ちの方はURLをどうぞ。
※不適切なリンクは削除される場合があります。

イベントカレンダー

祇園祭のイベント一覧

京都検定過去問

萩の名所巡り

京の茅の輪巡り

半夏生の名所巡り

一初の名所巡り

山吹の名所巡り

椿の名所巡り

桜の名所巡り

梅の名所巡り

最新コメント

公式ツイッター

マスコットキャラ:京子ちゃん
 マスコットキャラ:京子ちゃん
更新情報を中心に、毎日つぶやきます!是非フォローして下さい。

お問い合わせ窓口