こんにちは京子です

今回ご紹介するのは

ぬりこべ地蔵

6月4日にぬりこべ地蔵で行われた・・・

歯供養

歯供養(はくよう)です。

伏見稲荷大社から120メートルほど南東に位置する

ぬりこべ地蔵』は歯痛にご利益のあるお地蔵さんとして知られています


午前11時に摂取院(せっしゅいん)から住職の方が来られ法要が始まります。

ぬりこべ地蔵

ぬりこべ地蔵はかつて摂取院に安置されていたようで

当時、土で塗り込められたお堂内にあった事から

ぬりこべ地蔵と呼ばれています


そして『塗り込め』という言葉が

ぬりこべ地蔵法要の案内

『病気を封じ込める』という意味に転じ

病気平癒(中でも歯痛封じ)のご利益があると言われるようになったんですね

ぬりこべ地蔵

本日から1週間は『歯の衛生週間』だそうで

この日に合わせて深草稲荷保勝会により

ぬりこべ地蔵の前で歯供養が行われています。

身代り石

約30分ほどの法要が終わると参拝する事が出来ます

皆さん、1年の歯の健康を願い『身代り石』を撫でます。

『歯ブラシ』と『おかき』

参拝すると最後に『歯ブラシ』と『おかき』がいただけますよ♪


ちなみに

歯を磨く習慣はインドで始まったと言われ

日本には奈良時代に伝わりました


江戸時代までは房楊枝(ふさようじ)と呼ばれる木で出来た歯ブラシを使っていたんですね。

※ブラシの部分は木の先端を潰して柔らかくし、繊維をすいて房状にしていました。


明治初期に馬の毛が使われたものが日本に輸入され

後期には『歯ブラシ』という呼び名が日本で定着したそうです


そんな歯痛にご利益のある『ぬりこべ地蔵』の場所はコチラ↓


大きな地図で見る

タイトル
コメント
※必須項目です。
コメントに関する注意点
※個人や特定の団体に対する誹謗中傷は、削除させていただく場合がございます。ご了承下さい。
※記事と関係の無いコメントに関しても削除する場合があります。
※投稿後は編集や削除ができません。

画像認証
※必須項目です。

※上の画像で表示されている文字を入力してください。

ニックネーム
ブログURL
※ブログをお持ちの方はURLをどうぞ。
※不適切なリンクは削除される場合があります。

イベントカレンダー

祇園祭のイベント一覧

京都検定過去問

萩の名所巡り

京の茅の輪巡り

半夏生の名所巡り

一初の名所巡り

山吹の名所巡り

椿の名所巡り

桜の名所巡り

梅の名所巡り

最新コメント

公式ツイッター

マスコットキャラ:京子ちゃん
 マスコットキャラ:京子ちゃん
更新情報を中心に、毎日つぶやきます!是非フォローして下さい。

お問い合わせ窓口