こんにちは京子です

本日、ご紹介するのは

三光門

北野天満宮で行われた・・・

古絵馬焼納式

古絵馬焼納式 (こえましょうのうしき)です。

参拝者によって奉納された絵馬を焼納する神事です。


北野天満宮と言えば

学問の神様『菅原道真(すがわらみちざね)』を祀る神社です。

この事から、多くの受験生が

受験合格祈願の為に絵馬を奉納しています

※北野天満宮や菅原道真に関する情報は『北野天満宮 その2』の記事をご覧下さい。


午前十時から始まります。

北野天満宮では、昨年度に奉納された絵馬を

燃やす事によって

願掛けされた人々の無病息災を祈ります


一ノ鳥居

10時に到着した京子。

すでに、一ノ鳥居奥の右手にある

中ノ森広場(駐車場)に斎場が設けられていましたっ

約10万枚の絵馬

ここに約10万枚の絵馬が積まれ

四方には注連縄が張り巡らされています。


絵馬

ちなみに絵馬のアップがコチラです。

牛が描かれているのが分かりますよね。

天満宮において

牛は神様のお使い(神使)とされています。

牛

神使とされている理由について

・祭神である菅原道真の干支が丑年だった

・牛が道真を刺客から守った

・道真のお墓の場所を太宰府天満宮と決めたのが牛だった

といった話があるからなんですね


しばらくすると、神職の方が浄火を持って入場されました。

※浄火は事前に本殿において火打ち石にてつけられたものです。

風で消えてしまわないように火を囲い

慎重に持ち込まれます。


準備が整うと

斎場に積み上げられた絵馬や神職の方がお祓いを受けます。

お祓い

続いて、絵馬を前に祝詞が上げられ

いよいよ着火されます



4箇所に火をつけた後

絵馬を取り囲むように4人の神職が配置され

それぞれ祝詞が上げられます。

徐々に火は大きくなり

絵馬は次々と黒く灰になっていきます。


こうして10万枚の絵馬は

4時間かけてじっくり炊き上げられます。

その間も祝詞は終わることなく

4人の神職によって交代で読み上げられます


そんな祈願絵馬焼納式が行われた北野天満宮の場所はコチラ↓


大きな地図で見る
タイトル
コメント
※必須項目です。
コメントに関する注意点
※個人や特定の団体に対する誹謗中傷は、削除させていただく場合がございます。ご了承下さい。
※記事と関係の無いコメントに関しても削除する場合があります。
※投稿後は編集や削除ができません。

画像認証
※必須項目です。

※上の画像で表示されている文字を入力してください。

ニックネーム
ブログURL
※ブログをお持ちの方はURLをどうぞ。
※不適切なリンクは削除される場合があります。

イベントカレンダー

祇園祭のイベント一覧

京都検定過去問

萩の名所巡り

京の茅の輪巡り

半夏生の名所巡り

一初の名所巡り

山吹の名所巡り

椿の名所巡り

桜の名所巡り

梅の名所巡り

最新コメント

公式ツイッター

マスコットキャラ:京子ちゃん
 マスコットキャラ:京子ちゃん
更新情報を中心に、毎日つぶやきます!是非フォローして下さい。

お問い合わせ窓口