こんにちは京子です!

さて、本日ご紹介するお寺は・・・

知恩寺(ちおんじ)です


始まりは

平安時代後期に賀茂社(上賀茂神社と下鴨神社の総称)の社領にあった草庵がきっかけとなります。


草庵で念仏修行を行っていたのが法然(ほうねん)でした。

※法然は平安時代の高僧であり、比叡山延暦寺出身のお坊さんです。


以後は、法然の弟子である

勢観房源智(せいかんぼうげんち)がお堂を建て

賀茂社の神宮寺(じんぐうじ・神社に付属して建てられる仏教施設)となり

功徳院知恩寺(くどくいんちおんじ)と名付けられました


時は流れ1331年

京都に疫病が大流行したんですけれど

この時、知恩寺の住職であった善阿(ぜんな)は

勅命により、御所に篭り7日がかりで

百万遍(ひゃくまんべん・つまり百万回)の念仏を唱え

見事に疫病を退散させました

これにより後醍醐天皇に『百万遍』の寺号を賜ったと言われています。


この事から、知恩寺のある辺りは『百萬遍』という地名が付けられ

近くには京都大学や吉田神社などもありますよ


まずは、釈迦堂です。


阿弥陀堂(念仏堂)は1811年に建てられましたです。


すぐ近くには保育園もありました。側に建っていた石碑です。


鐘楼です。


こちらのお堂は勢至堂(せいしどう)です。

勢至とは法然の幼少期の名前(勢至丸・せいしまる)から取られたのだと思います。


境内は広く

毎月15日には『手作り市の日』が行われたり(手作りの品を販売するフリーマーケット)が行われていて、以前京子がレポートした御多福珈琲のマスターもここに出店していたと聞きましたよ

他にも秋には古本市が開かれています。


本堂である御影堂です。

中には、ちょっと変わったものがあるんですけど・・・・

何かがぶら下がっているの分かりますか?

そうなんです!数珠なんですねっ


御影堂内を一巡りする程の大きな数珠は

長さにして100メートル、重さ320キロ、珠数の珠の数は1080個っ。

世界最大の数珠だそうです~っ


もっとすごいのは、この数珠はなんと現役です

ただの飾りじゃないんですよっ。

毎月15日は、数珠を大勢の人で繰る(回す)『数珠繰り(じゅずくり)』が行われます。


巨大な数珠に沿うように皆で円になって座り

数珠を膝の上に置きます。

そして座った体制のまま

息を合わせて一斉に両手で数珠を持ち上げ、隣の人に回します。

人は移動せずに、数珠だけがグルグル回るというワケです

数珠を回しながら念仏を唱えます。



大晦日行われる数珠繰りの事を『大念珠繰り』と言います。

この時には、普段よりも多くの人たちで(200~300人)行うそうですよ。

気になる方は是非、足を運ばれてみてはいかがでしょうか


そんな世界最大の数珠を誇る知恩寺の場所はコチラ↓


大きな地図で見る
タイトル
コメント
※必須項目です。
コメントに関する注意点
※個人や特定の団体に対する誹謗中傷は、削除させていただく場合がございます。ご了承下さい。
※記事と関係の無いコメントに関しても削除する場合があります。
※投稿後は編集や削除ができません。

画像認証
※必須項目です。

※上の画像で表示されている文字を入力してください。

ニックネーム
ブログURL
※ブログをお持ちの方はURLをどうぞ。
※不適切なリンクは削除される場合があります。

イベントカレンダー

祇園祭のイベント一覧

京都検定過去問

萩の名所巡り

京の茅の輪巡り

半夏生の名所巡り

一初の名所巡り

山吹の名所巡り

椿の名所巡り

桜の名所巡り

梅の名所巡り

最新コメント

公式ツイッター

マスコットキャラ:京子ちゃん
 マスコットキャラ:京子ちゃん
更新情報を中心に、毎日つぶやきます!是非フォローして下さい。

お問い合わせ窓口