こんにちは京子です。

さて、本日ご紹介する神社・・・

疫神社(八坂神社)

疫神社(えきじんじゃ)です!

さてさて、早速こま札を見てみますと

疫神社(八坂神社)

「蘇民将来の子孫なり」という記述がみられます。

これから始まる祇園祭でも度々登場する重要なキーワードで

以前の、「祇園祭 疫神社夏越祭(八坂神社)」記事でも取り上げましたけれどもう一度ご紹介します

昔むかし、ある所に兄の名を「蘇民将来(そみんしょうらい)」

弟の名を「巨旦将来(こたんしょうらい)」という二人の兄弟がいました。

兄の蘇民将来は「貧しく」、弟の巨旦将来は「裕福」だったのにも関わらず

ある晩、武塔神(むとうしん)という神が一夜の宿を求めてきたときに

弟は断り、兄は快く迎えいれました

兄は貧しいながらもおもてなしをし、それに感動した武塔神は

「我は素戔嗚尊(スサノオノミコト)、

蘇民将来の子孫だと言い茅の輪を腰の上につけていれば、

後世に疫病あれど蘇民将来の子孫は免れるであろう」

と教えたといいます。

噂では、弟の将来一族をことごとく滅ぼしたとか

そんな由来から、人が通れるくらいの大きな茅の輪を潜って無病息災を祈るようになったんですね

また、祇園祭のちまきでも

「蘇民将来之子孫也(そみんしょうらいのしそんなり)」という文字が使われるようになりました。

疫神社(八坂神社)

このお話は、「備後国風土記」に載っているお話なんですよ。

疫神社(八坂神社)

この疫神社は、八坂神社の西楼門から入ると真正面にある神社で

周りには露天が並んでいるんです♪

さて、そんな蘇民将来と関係の深い疫神社ですけれど

今回もちょっぴり祇園祭を先取りという事で、

いよいよ7月から始まる祇園祭の予習をしたいと思います。

7月31日に行われる、祇園祭の神事のひとつである『疫神社夏越祭』が行われるんですね

※詳細は、祇園祭 疫神社夏越祭(八坂神社)をご覧下さい。

疫神社(八坂神社)

その『疫神社夏越祭』に使われるのが

茅の輪

なんです。

疫神社(八坂神社)

その元となるこの茅(ちがや)を使って、輪っかを作るのですけれど

茎の部分は堅くて難しいんですよ

ちなみに、去年作った茅の輪はこちらです。

疫神社(八坂神社)

今年も行けたらもう少し綺麗に作ってみます

ちなみに、この日以降「きゅうり」が食べられるようになります。

何故、きゅうりが食べられるようになるのかと言いますと、

八坂神社のご神紋がきゅうりを輪切りにした時の切り口に似ていることから、

八坂神社のお祭である祇園祭の祭事中は、食べないというしきたりがあるんです。

7月1日から7月31日までは「きゅうりのQちゃん」でさえ食べられないので

きゅうりが食べられるのは来週一杯までですよ(笑

そんな、八坂神社境内にあり祇園祭の幕を閉じる場所、疫神社の場所はコチラ↓

タイトル
コメント
※必須項目です。
コメントに関する注意点
※個人や特定の団体に対する誹謗中傷は、削除させていただく場合がございます。ご了承下さい。
※記事と関係の無いコメントに関しても削除する場合があります。
※投稿後は編集や削除ができません。

画像認証
※必須項目です。

※上の画像で表示されている文字を入力してください。

ニックネーム
ブログURL
※ブログをお持ちの方はURLをどうぞ。
※不適切なリンクは削除される場合があります。

イベントカレンダー

祇園祭のイベント一覧

京都検定過去問

萩の名所巡り

京の茅の輪巡り

半夏生の名所巡り

一初の名所巡り

山吹の名所巡り

椿の名所巡り

桜の名所巡り

梅の名所巡り

最新コメント

公式ツイッター

マスコットキャラ:京子ちゃん
 マスコットキャラ:京子ちゃん
更新情報を中心に、毎日つぶやきます!是非フォローして下さい。

お問い合わせ窓口