こんにちは京子です。

さて、本日ご紹介する神社は

短歌や俳句をやってらっしゃる方必見


文章上達のご利益がある神社・・

新玉津島神社の鳥居

新玉津島神社(にいたまつしまじんじゃ)です♪


新玉津島神社のこま札

平安時代~鎌倉時代前期の歌人である

藤原俊成(ふじわらのしゅんぜい)によって作られたこちらの神社。


1186年、後鳥羽天皇の勅使により藤原俊成の邸宅内に

紀州(和歌山)の玉津島神社に祀られている衣通郎姫(そとおりのいらつめ)を勧請したのが始まりです。


神様を京都に持ってきたってワケですね♪

新玉津島神社の石碑

ちなみに、藤原俊成の息子というのが

あの、百人一首を選定した藤原定家(ふじわらていか)なんですよね~

歌人一家ってコトが分かってもらえると思います。

※藤原定家については常寂光寺の記事を是非ご覧下さい。


さてさて、それから遡ること3年前・・・

後白河法皇(ごしらかわほうおう)の命により

藤原俊成の邸宅を和歌所(わかどころ)とし、彼に千載和歌集(せんざいわかしゅう)の編纂をさせていたんですね。


千載和歌集とは短歌を中心に1280首余りが収録されている和歌集です。

この千載和歌集に一首収録されているのが


平忠度(たいらのただのり)の歌なんです。

新玉津島神社の境内

早速、境内に入ってみましょう♪


新玉津島神社の末社である『天満宮』と『秋兼神社』

こちらは境内にある末社の『天満宮』と『秋兼神社』です。


この頃、丁度

1181年に平清盛が病死し、源氏が平家討伐へと動き出し

源義仲(みなもとのよしなか)が京都へ攻め入ります。


この時、標的となったのが平忠度なんですね。

彼は清盛の異母弟でありました。


源義仲により、平忠度を含む平家一門は都落ちするコトとなります。。

いっせいに京を離れ逃げ延びる平家一門。

京を離れ逃げていた平忠度は、危険を承知で

突如、京へと引き返すんですね!


そうです、源義仲のいる京都へ


彼が向かった先というのが・・・

藤原俊成の邸宅であった和歌所でした。

新玉津島神社の歌

境内には、歌もいくつか額に入れて掲げられていました。


新玉津島神社の石

こんな大きい石なんかもありました。何か伝承があるかもしれませんね~。


平忠度は、そこで千載和歌集を選定していた

藤原俊成にひとつの歌を託す事となるんです。

『さざなみや 志賀の都はあれにしを むかしながらの 山ざくらかな』


都はすっかり荒れ果てしまったけれど

長等山の桜は昔と変わらず綺麗に咲いていると読まれた

この歌に感銘を受けた藤原俊成は

千載和歌集に載せる事となりますけれど

当時、平忠度は朝敵扱いとなっていた為

『読み人知らず』としてこの歌を掲載したんですね♪


なんだか切ない話ですね・・・(泣)

※ちなみに、平忠度はその後、1184年の一ノ谷の戦いで戦死しました。


さて、その後荒廃しますけれど

江戸時代には北村季吟(きたむらきぎん)が宮司を務め復興に成功。

彼は松尾芭蕉の師と言われている人物で

7年間ここで、宮司を務め、その後江戸に渡り、幕府の役人として働き

幕府の歌学方(かがくかた)になります。

※歌学方とは和歌に関する学問をつかさどる役職なんですね。


新玉津島神社の北村季吟先生遺蹟石碑

鳥居の前には、その栄光を与えるように

『北村季吟先生遺蹟石碑』という碑が建っているんですね~。


歌人にゆかりのある神社で

短歌、そして俳句の上達成就にご利益のある

新玉津島神社の場所はコチラ↓


大きな地図で見る
タイトル
コメント
※必須項目です。
コメントに関する注意点
※個人や特定の団体に対する誹謗中傷は、削除させていただく場合がございます。ご了承下さい。
※記事と関係の無いコメントに関しても削除する場合があります。
※投稿後は編集や削除ができません。

画像認証
※必須項目です。

※上の画像で表示されている文字を入力してください。

ニックネーム
ブログURL
※ブログをお持ちの方はURLをどうぞ。
※不適切なリンクは削除される場合があります。

イベントカレンダー

祇園祭のイベント一覧

京都検定過去問

萩の名所巡り

京の茅の輪巡り

半夏生の名所巡り

一初の名所巡り

山吹の名所巡り

椿の名所巡り

桜の名所巡り

梅の名所巡り

最新コメント

公式ツイッター

マスコットキャラ:京子ちゃん
 マスコットキャラ:京子ちゃん
更新情報を中心に、毎日つぶやきます!是非フォローして下さい。

お問い合わせ窓口