こちらは芦刈山(あしかりやま)です

祇園祭の芦刈山

山の上には、その名の通り

芦刈山のこま札

芦を刈る、おじいさんの姿を表わし

右手に鎌、左手には芦を持ち芦原に立つ姿を表わしているんですよ

芦刈山の御神体

御神体 御頭


実はこのおじいちゃん


摂津の国・難波で、その貧しさゆえに奥さんと離ればなれになったそうです

ある時、都へ出ていた妻は、夫のことが気に掛かり探していたところ・・・

落ちぶれて芦を売る夫を見つけちゃいます

芦刈山の御神体その2

御神体


そして、夫は

「君がいなくなって辛かったよ

離れるんじゃなかったよぉ

それにしても、芦を刈ってくらす難波の浦は住みづらいよ…


妻は

「難波の浦が住みづらいなんて言っちゃダメです

貴方の為を思ったからこそ、私は貴方と離れたのですよ」


という意味の和歌を読みあい

すれ違いのしこりが取れた夫婦は、めでたく揃って都に戻ります

そのお話の由来は、あの「世阿弥作」と言われる

謡曲「芦刈」に

基づいているんだそうです

芦刈山の前掛

前掛:山口華楊原画「凝視」1986年


ちなみに、起源は「応仁の乱」前に「祇園社記」と呼ばれる書物には

当時の鉾の数「14基」、山の数「49基」

と記載されている中に、

芦刈山のちょうちん

「すみよし山 綾小路、油小路と西洞院の間」と記載されているそうです。


でもでも、現在の「芦刈山」があたる場所には「すみよし山」はなく、

また、「あしかり山 四条猪熊」、「あしかり山 錦小路東洞院」という記述もあり

現在は山の建たない通りに「あしかり山」という山が2箇所もあった記録があるようです


いきなり、2つに増えてしまうなんてとぉ~てもビックリですよね

芦刈山で以前使われていた見送り

以前使われていた見送りです。

「鳳凰と幻想動物に牡丹の図」刺繍 17世紀中期


「応仁の乱後再興」のくだりには

「綾小路、西洞院と油小路の間 あしかり山手かき」と記載されているようで

現在の芦刈山は、1496年の山鉾再興の時に創建されたのでは?と言われているようですよ

芦刈山で以前使われていた前掛

以前使われていた前懸です。

上が「波涛に鳥」中国刺繍補子

中央が「欧風景」毛綴(4枚継ぎ)1832年

芦刈山の重要文化財 小袖

左にあるのが見送です。

山口華楊原画「鶴図」綴織1985年新調


右にあるのは胴懸です。

尾形光琳原画「燕子花図」1994年


そして、中央にあるのが小袖で、

「綾地締切蝶牡丹文様片身替小袖(あやじしめきりちょうぼたんもんようかたみがわりこそで)」1589年

※重要文化財です!

山鉾最古の御神体衣装でもあるそうなんですよ~


そんな芦刈山の場所はコチラ↓

大きな地図で見る
タイトル
コメント
※必須項目です。
コメントに関する注意点
※個人や特定の団体に対する誹謗中傷は、削除させていただく場合がございます。ご了承下さい。
※記事と関係の無いコメントに関しても削除する場合があります。
※投稿後は編集や削除ができません。

画像認証
※必須項目です。

※上の画像で表示されている文字を入力してください。

ニックネーム
ブログURL
※ブログをお持ちの方はURLをどうぞ。
※不適切なリンクは削除される場合があります。

イベントカレンダー

祇園祭のイベント一覧

京都検定過去問

萩の名所巡り

京の茅の輪巡り

半夏生の名所巡り

一初の名所巡り

山吹の名所巡り

椿の名所巡り

桜の名所巡り

梅の名所巡り

最新コメント

公式ツイッター

マスコットキャラ:京子ちゃん
 マスコットキャラ:京子ちゃん
更新情報を中心に、毎日つぶやきます!是非フォローして下さい。

お問い合わせ窓口