今週は、いや~~~~な天気が続きそうですね(>o<)

まるで、志士達が今の日本を嘆き悲しんでいる涙なのかも知れません。


そう、今回の神社は

霊山護国神社


今はやはり時期的に「龍馬」

やはり、飲めや歌へやではないですが

「りょうま」「龍馬」で、宣伝もかなりされているようでした。


特に宣伝に見とれていたわけではなかったのですが

返ってから鳥居が無い事に気付いてビックリ

あれれれ~神社なのに鳥居がないなんてそんなハズは…


あるある!!!


嘘です無いですよね…

実は頭の片隅に、ナントナク白クテ丸イ物ガアッタ

かも知れない記憶があるのですが

うん気のせいです*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆


鳥居がないので今日のオープニング鳥居ならぬ

オープニング写真はこちら

霊山護国神社の石碑

「昭和の杜」って「Histric Spot SHOWANOMORI」って訳すんですね


そして、こちらは

陸軍特別操縦見習士官之碑

「陸軍特別操縦見習士官之碑」

平和という揺り篭に胡坐をかいている京子が言うのもなんですが


こういった慰霊碑を見る度に、

歴史を繰り返してはいけない

と、再認識する今日この頃です


彼らはこの国を守る為に、この世がよくなるだろうとペンを握っていた手を、戦闘機の操縦桿に変え

龍馬も、この国を、この世をよくしようとして尽力した

そんな、日本の歴史を担う重要な人物ですね


霊山護国神社の拝殿

そして拝殿には、龍馬の写真が飾られていました。

この駒札には、

霊山護国神社のこま札

「幕末、維新に殉じた志士と、

それ以降、大東亜戦に至る

京都府出身の英霊

七万三千十一柱を奉祀する。」

と記されています

あれれ_?

龍馬って京都府出身?_?


っとすみません、脱線しそうになってしまいました

くぅ~~~~~~~~るダウン

がっ、がお


霊山護国神社の狛犬

で、以前に八坂神社円山公園内) で出くわした

ミニマム版、坂本龍馬と中岡慎太郎に出会っちゃいました。

霊山護国神社の坂本龍馬と中岡慎太郎像

これが、学鷲を見るときにかからない

「300円」

京子は、ちょっと遠回りしてお山の方も廻りつつ

ココに辿りついたのですが。

坂本龍馬と中岡慎太郎の墓

いやぁ~

流石、龍馬です。


綺麗です。


ほんと、お手入れされてます。

木戸孝允(桂小五郎)のお墓も、最上段に立派なのがありました。

恐らく妻の、幾松(木戸松子)と一緒に並べられていたと思うのですが

柵は苔がつき、地面はタイルではなく土のまま

幾松に至っては献花すらないなんて


でもでも、こんな可愛い龍馬ですから

霊山護国神社のこま札

「日本を今一度せんたくいたし申し候」

ほんと、お願いします(ぇ


そして、英霊が眠る地はこんな絶景な場所に安置されています。

坂本龍馬と中岡慎太郎の墓からの景色

なんとも綺麗です☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚**☆*:;;;:*☆*:;;;:

まさに、パノラマ(死後?)です。

今だと、ワイドになるのかな?かな?

そんな、霊山護国神社の場所はこちらです。


大きな地図で見る
タイトル
コメント
※必須項目です。
コメントに関する注意点
※個人や特定の団体に対する誹謗中傷は、削除させていただく場合がございます。ご了承下さい。
※記事と関係の無いコメントに関しても削除する場合があります。
※投稿後は編集や削除ができません。

画像認証
※必須項目です。

※上の画像で表示されている文字を入力してください。

ニックネーム
ブログURL
※ブログをお持ちの方はURLをどうぞ。
※不適切なリンクは削除される場合があります。

イベントカレンダー

祇園祭のイベント一覧

京都検定過去問

萩の名所巡り

京の茅の輪巡り

半夏生の名所巡り

一初の名所巡り

山吹の名所巡り

椿の名所巡り

桜の名所巡り

梅の名所巡り